インデックス投資家ブルの積立投資日記

金融機関で働く社会人3年目。趣味は投資とスポーツと旅行。朝起きるのが辛いのでセミリタイアしたいです。

米国中型株ETF IJHを6株購入しました!

こんにちわ。ブルです。

 

今月の8日0時19分にIJHを6株成行注文にて購入しました。

約定単価は188.41USDでした。

約定金額1130.46USDに0.486%(消費税込)の購入手数料5.49USDが加算されるので合計で1135.95USDかかりました。

 

平均取得単価は189.325USDですね。

 ちなみに外貨の平均取得レートは109.51円でした。

 

 PERは20.57と高すぎず、また直近の高値から7%近く下落した時点での購入だったので今回の購入に踏み切りました。

(直近の高値から13%近く下がっていた10月下旬時点で買えばよかったのですがもっと下がると思い購入に踏み切れませんでした…。頭と尻尾はくれてやれという格言もあるので良しとします…。)

 

先日購入したIJRと同様にバイ&ホールドします。

 

 

IJHとは

 IJHとブラックロックが運用しているNYSEに上場している海外ETFiシェアーズ・コア S&P400中型株の略称です。中型株と小型株に投資するETFです。設定日は2000年5月としっかりとした運用実績のあるETFです。

 

日本ではあまり知名度の高くないETFですが、運用総額は約4.7兆円近くにのぼり米国ETFの運用総額ランキングでは11位に入っております。

 

信託報酬はIJRと同じ0.07%と低めに設定されております。

時価総額が7億5,000万USDから33億USDの企業が含まれており、米国株式の時価総額7%近くを占めています。

 

 

f:id:buru2018:20181111153728j:plain

セクター別の構成比率と上位10銘柄です。ドミノピザ以外聞いたことないですね。。。

 

 

【直近3年のパフォーマンス比較 配当金込み】

f:id:buru2018:20181111153912j:plain

 直近3年だとIVV(SP500)に劣後してますね。

 

 

 【2007年1月3日からのパフォーマンス比較】

f:id:buru2018:20181111160822j:plain

2007年1月3日からの比較だとIVV(SP500)にアウトパフォームしてますね。

IJRほどではないにしても小型株効果に期待できますね。

 

 

まとめ

今回の購入により、IJRに次いで2本目の海外ETF保有する事になりました。

投資信託と違って資産規模は非常に大きく流動性も高いので安心感がありますね。

現物株のようにリアルタイムで買うことができるので楽しさもあります。 

 

今後は調整等で10%以上株価が下がらない限りはIJRとIJHの買い増しはしない予定です。

次買うとしたらVYMかVTかなー。

 

昨今のインデックス投資信託の低コスト競争により海外ETFを買うメリットが薄れてきましたので投資信託で買えるものは投資信託で、海外ETFでしか買えないものは海外ETFで買う方針にしてます。

 

 以上。